いらっしゃい!ゆっくりしてってね!

【出産】出産前に準備しておいた方がいいベビー用品を紹介

人生最大のイベントとも言われている”出産”。初めて出産されるママさん、パパさんの中にはベビー用品は何を揃えておいた方がいいのか、わからない方も多いかと思います。

今回は出産前にどんなベビー用品を準備しておく必要があるのか、ご紹介します!

出産前に用意したベビー用品

初めての出産だったので、何をどこまで用意したらいいのかわかりませんでしたが、アカチャンホンポやベビザラスやバースデイ、西松屋とベビー用品を扱っているお店に行って、新生児コーナーを見て回っていました。

いろんなメーカーの商品を見ながらお財布と相談して、いろんなお店を巡り結局出産前に揃えたベビー用品は以下の内容です。

  • おくるみ
  • インナーとその上に着る服
  • 新生児用枕
  • 哺乳瓶の乳頭(0か月~)
  • おしゃぶり
  • ガーゼ10枚
  • おしり拭き(3個パックを2セット)
  • ベビーワセリン
  • お風呂マット
  • ベビー用ボディーソープ
  • ベビー綿棒
  • 清浄綿
  • 赤ちゃん用爪切り
  • ベビーパウダー

あれ?おむつがない?と思った方もいるかもしれません。おむつはいろんなメーカーがあるので、入院前には用意しませんでした。

おむつはどこのお店に行っても陳列棚を発見しやすいので、出産後の入院期間中に細かい買い物が苦手な夫さんに買ってきて準備してもらいました。

意外とお値段高めの”おくるみ”

上記のリストの中で、1番値段が高いのが”おくるみ”でした。バスタオルを代用してももちろんよかったんですが、初めての赤ちゃんだったのでおくるみを用意しました。

と言っても、バスタオルが約1,100円くらいだったとしたら、その値段プラス500円前後のおくるみを購入してます。

しっかりした素材で安心の日本製のおくるみだと、3,000~4,000円ほどします!

出産後に追加で必要になったベビー用品

出産後、退院してしばらくすると、ちょっと足りないなと感じて追加購入したベビー用品は以下の内容です。

  • ガーゼ
  • ベビー服
  • おしり拭き
  • 体温計(大人用が使えないことに気付き、急いで購入)

おむつも消費が激しいですが、おしり拭きもものすごく消費します!

慣れていないのもあったので、1回のおむつ替えに3枚、時には5枚と使ってしまっていたので、おしり拭きは早い段階で追加購入しました。(今思えば大盤振る舞い笑)

ガーゼがここまで使えると思わなかった

赤ちゃんは授乳後やミルクを飲んだ後、よく吐いてしまいます。ゲップとともにミルクが出てきてしまったり、ひゃっくりで出てきてしまったり・・。

胃の形が真っ直ぐなので吐いてしまうのは仕方のないことですが、そんなときに役立つのが”ガーゼ”。

私たちの使い方はガーゼの使い方は3種類ありまして、1つ目はゲップを出させるときにあごの下を手で押さえるその間に、ガーゼを置いてゲップをさせます。万が一吐いてもガーゼでガードする作戦です!

2つ目は横に寝かせていてちょっとお手洗いとか食事で目を離した間に吐いてし待った場合、敷布団まで染みないように赤ちゃんの両頬の下にガーゼを敷く使い方です。この時がガーゼによく助けられます。

3つ目はお風呂のときです。水が怖いのか泣いてしまうんですが、お湯を染み込ませたガーゼを頭にかけてあげたり、お腹にお布団のようにかけてあげると気持ちよさそうにしてくれます。

ガーゼはとにかく重要アイテムかと思います!メーカーや日本製にこだわらなければ、店頭販売で1,000円未満で購入することができるので、結局私たちは20枚でも足りずさらに10枚追加購入しました笑

デザインや日本製を重視すると価格帯が高くなる

ベビー用品であっても、ブランド品や素敵なデザインが施されている服、日本製にこだわるとかなりのお値段になります。

ディズニーキャラクターや服のブランド(例:POLO、championなど)の服飾雑貨は、私たちのお気に入りのしまむら系列の”バースデイ”の服よりもお値段が若干高めの傾向にあります。売れ残って値引きされているのはさておいて・・。

また、日本製の商品はやはり高値になりがちです。でもその分素材とから使い心地がいいのかもしれませんね!

赤ちゃんも日々成長していくので、いつかは使わなくなってしまう物が多く出てきますが、思い出としておくるみや服は使いたいデザインとか出てきちゃいますよね!

はる
はる

今回ご紹介してベビー用品の中で、使うメリット・デメリットがあるベビー用品もありました。今後は我が家でリピートしているアイテムをメリット・デメリットを含めて紹介していきます!