いらっしゃい!ゆっくりしてってね!

保育士さんから聞いた【買ってはダメ!】買う必要のない子ども用のお箸について

我が家のちびちゃんも1歳5か月を過ぎていろんことができるようになってきました。靴下を履けたりトイレ行けたり、お椀を持って汁物飲めたりと歩けるようになってから一気に成長が加速しているように感じてます。

私が使っている物にも興味を持ち真似しようとするちびちゃん。特にご飯を食べてるときに使う「お箸」に興味津々で、毎回夫さんからお箸で数回食べさせてもらってます。そこで私はイオンでお買い物をしたときに見つけた1歳5か月から使える子ども用のお箸を発見、ちびちゃんに使わせてみようと購入しました。

はる
はる

可愛いピンクのお箸を購入!その日の晩ご飯、お箸を見つけるなり目を輝かせて「はい!」と使いたいアピールする可愛いちびちゃん。まさか買ってはいけないアイテムだったなんて・・

指の位置を強制するお箸はお勧めしないどころか買ってはいけない

私が購入したのは「EDISON(エジソン)」のお箸です。イオンで税込み970円と決して安くはないですが、1歳5か月から使えてちびちゃんのためになると思い右手用を購入しました。

親指・人差し指・中指でお箸を持てるように、シリコンでできた指を通すリングが付いていて、お箸を持つときはその3つのリングに指を通して使います。購入したその日の晩ご飯に早速ちびちゃんの右手に着けてみました。

大喜びのちびちゃん。お米を上手にかきこむ感じでお箸を使って口に運ぶことができたり、少し手伝ってハンバーグをお箸で持って口に運べたりと初めて使うのにどうしたらいいのかわかってる様子でした。

その様子を保育園に提出するノートに記入して、翌日保育園へ渡してちびちゃんを送り出しました。

お迎えに行くと早速お箸の話題になり・・

お迎え時間が来たので保育園に行くと、いつも子育てのことに関して詳しくアドバイスをしてくれる保育士さんが出迎えてくれてお箸の話題になりました。

保育士さん曰く、指をリングに通して使うお箸は使わせてはいけないお箸で、その理由は「間違えたお箸の持ち方を覚えてしまうから」とのことです。

また、力のかけ方も間違えて覚えてしまうため、通常のお箸をちゃんと使えなくなってしまうみたいです。

「なんでそんな物売ってるのよー」(;^ω^)と、思わず口からポロリ。ちなみにそのとき購入した子ども用お箸が下のリンクにあります。↓

はる
はる

保育園や保育士さんの考え方でそのお箸でいいという意見もあるかと思いますが、ちびちゃんが通っている保育園の先生方からは酷評のアイテムでした。

まずはスプーンとフォークを通常の持ち方を覚える

握力を付けるためとこの先お箸を覚えていくためにも、スプーンとフォークは親指・人差し指・中指の3本指で持つ一般的な持ち方をまず先に覚える必要があるようです。

スプーンやフォークを覚えたての時は、手の甲を上向きになる持ち方で食べることが多いかと思います。その持ち方ではなく徐々に手の平を上に向ける持ち方から、3本指で持って食べるようにすることで後々の工程が楽になるそうです。

はる
はる

ちびちゃん上手に食べるは食べますが、自然とフォークの持ち方は手の甲が上に向いてしまう持ち方で、私たちが直してあげないとまだ手の平を上に向けた持ち方にできないので現在再び特訓中です!

使える月齢を迎えても子ども成長を見て判断を

月齢を迎えて親としてはこれを使ったらいいのかな?と思う子ども用アイテムはたくさんありますが、育児のプロから見ると必要のない物もあることがわかりました。

お箸トレーニングはまず親指・人差し指・中指の3本の指でフォーク・スプーンを使えるようになってから始めることが大切なようです。

はる
はる

保育園や幼稚園へ通園が難しいご家庭のお役に立てればと思いお話しました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!