いらっしゃい!ゆっくりしてってね!

【PS5】ハードウェアの追加情報が公開!

2020年3月19日午前1時を回るころに、「PS5」のプレゼンテーション動画が配信されました。動画の内容は技術的な側面とハードウェアに関する情報が伝えられたようです。

今回の「PS5」のプレゼンテーションでどのようなシステムが公開されたのか見ていきましょう!

超高速SSDとカスタムI/O

SSD(ソリッドステートドライブ)はよく目にしたり耳に聞いたりするHDDと同様の記憶装置のことです。PS4に接続してロード時間の短縮などに使われます。

このSSDはだいたい8,000円~14,000円と金額は安いとは言えません。

「PS5」では初めからSSDが組み込まれており、更に”カスタムI/O”と統合しています。この2つを統合させることで、アセットデータ(3Dモデル・音楽・効果音などの素材)をものすごい速度で送り出すことが可能になるため、ロード画面を取り除くことができるようになります。

広大なマップでもほぼロード時間がなく、瞬時に移動することができるようになるのは、プレイヤーにとっても開発者にとっても嬉しい内容ではないでしょうか。

新機能”レイトレーシング”

超高速SSDとカスタムI/Oの開発に加えて、カスタムGPU(3Dなどの画像描写の計算処理を行う半導体チップ)の可能性についても触れています。

「PS5」ではGPUのパワーがこれまでより高解像度の表現が可能になり、新機能”レイトレーシング”を搭載されるとのこと。

”レイトレーシング”とは目玉機能のことで、現実の世界での光の動きが物体に対してどのように反射するかを再現する機能です。

”レイトレーシング”を搭載することによって、よりリアルに物体を表現することができるようになります。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

PS4でもかなりグラフィックスは綺麗だったけど、それを更に上回るほどの高解像度のゲーム世界を楽しむことができるかー!

[/word_balloon]

目標としているオーディオ関連

「PS5」ではよりリアルな世界を楽しんでもらえるように、3Dオーディオの開発にも力を入れています。

目標とされているのは全てのユーザーにより臨場感のあるオーディオ体験を実現させるために、3Dオーディオ用カスタムエンジンを設計、そして搭載されているとのことです。

これまで以上に敵がどの方向にいるのかはっきり聞き分けることができたり、さらに細かい音の表現を可能にする「PS5」の3Dオーディオも注目の1つです。

互換性について

個人的に1番気になっている「PS5」の後方互換機能についても、動画で報告しています。

現在のところPS4で最もプレイ時間の長い上位100タイトルを調査して、ほぼ全てのタイトルが「PS5」でスムーズに動作するであろうことが確認されているとのこと。この最もプレイ時間の長い上位100タイトルの内容はわかりません。

PS4のソフトは4,000以上ものタイトルがあるので、検証テストは継続して行われ、互換性の対応を進めていくとのことです。

[word_balloon id=”7″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” radius=”true” box_center=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” avatar_hide=”false” name_position=”under_avatar” balloon_shadow=”true”]

んー。PS4の互換性のことしか触れなかったなー。PS・PS2・PS3の互換性を知りたかった!今後のPS5のシステム開発情報を楽しみに待ってますー!

[/word_balloon]