いらっしゃい!ゆっくりしてってね!

掃除機【アイリスオーヤマ】サイクロンスティッククリーナー我が家の辛口評価

これまで我が家の掃除機は、7年以上経過しているダイソンとコード付きハンディ掃除機を使っていました。ダイソンがMaxモードだと5分と充電が持たない状態になり、嫌気がさした夫さんがインターネットでアイリスオーヤマの「サイクロンスティッククリーナー」を購入しました。

はる
はる

新しい家電って使うのがわくわくしますよね!ずっと欲しかった新しい掃除機!実際に使ってみた感想をご紹介します!

サイクロンスティッククリーナーの良い点・悪い点

まずはアイリスオーヤマのサイクロンスティッククリーナーの商品使用をざっくりご紹介します。

商品使用
  • 連続使用時間は標準モード約20分、ターボ約7分、自動約30分、セーブ約50分
  • 充電時間は約3時間半
  • 自走式
  • 重さは本体のみで1.5㎏、フロアヘッドと延長パイプを含めると2.2㎏
  • バッテリーの寿命は繰り返し充電で約1,500回
  • 付属品は充電アダプター、排気フィルター5枚、隙間ノズル

良い点

アイリスオーヤマサイクロンスティッククリーナーの良い所の1つは「自走式」なので、スイスイ掃除機が進みます。また付属品に静電モップと充電スタンドもあり、自立させたまま充電することができます。静電モップはテレビ台やパソコン周りなどをモップで掃除でき、更に充電スタンドにモップをくぐらせる吸引工があり、ホコリを掃除機本体へ吸い上げることができます!

ホコリが溜まるダストカップと回転ブラシは丸ごと水洗いできるので、吸引力も持続しやすい所も良いですね。

はる
はる

良い所は他の掃除機でもよく見かける内容かと思います。次はこの掃除機の悪い所を正直にお話します。

悪い点

アイリスオーヤマサイクロンスティッククリーナーの残念な点は、「重い」「カーペットとの相性が悪い」「集めたホコリが捨てづらい」この3点です。

1点目の「重い」に関してですが、延長ノズルなしでもズッシリと重みを感じます。延長ノズルを装着すると更に重みが増し、足腰に不安がある方で階段を昇り降りが必要なお家にお住いの場合は、ちょっと邪魔な重さです。

2点目の「カーペットとの相性が悪い」は、サイクロンスティッククリーナーのヘッドがフローリングなどの固い床との相性は良く設計されているのか、カーペットのホコリはターボモードにしても吸いきれていないことが多いです。

3点目「集めたホコリが捨てづらい」に関してですが、アイリスオーヤマの広告では“手を汚さずワンタッチでゴミ捨て”とあります。しかしこのダストボックスは2層構造っぽくなっていて、フィルター部分にもホコリが溜まるので結局分解して捨てる必要があるため結果手が汚れます

はる
はる

重いし、対カーペットは撫でているだけなんじゃと思ってしまうほどホコリが残ります。ダストカップは分解すると元に戻すまで慣れないとスムーズに戻せないので、効率良い構造とは言えないです。

お値段は決して安くはないのに、これが完成品なの?って感想です

店頭やネットによってお値段が変動しますが、20,000円前後と決して安くはない掃除機です。この値段でこんなに機能が充実していると思う方も多くいらっしゃるとは思いますが、私にはもうちょっと使い勝手よくできなかったのかな?っという感想でした。

ホコリセンサー搭載されてますが、カーペットに差し掛かるとずっと黄色と赤色のランプしか点灯せず、いつまで掃除機をかけても緑色のランプには光りません笑

はる
はる

自走式なので持ち運びは重いですが、起動させるとスムーズに掃除ができて稼働時間も長いところは高く評価します!このお買い物で大切だなと思ったのは、店頭で重さや動作確認は可能な限りした方がいいと思いました!

最後までお読みいただきありがとうございました!